新鮮で、安心・安全なカット野菜を食卓へお届けしたい。それが【グリーンフィールド】の願いです。

農業法人有限会社グリーンフィールド

お気軽にお問い合わせください。098−866−9009

新着情報

2018年11月 8日

~週刊GREEN vol.1~

こんにちは!農業法人(有)グリーンフィールドです。

私たちは、規格外の農作物を無駄なく活用し、安心して手軽にお召し上がりいただけるカット野菜や「菜・色・健・美BEAUTY SOUP」など、野菜の生産から加工までを手がけている、沖縄の企業です。

もっともっとグリーンフィールドについて知っていただければと思い、本日より毎週木曜日に、SNSを通じて情報発信してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

記念すべき第一回目の今日は、仕事の現場の様子をお伝えする「グリーンフィールド便り」です。

 

「グリーンフィールド便り~カット野菜の殺菌とビタミン~」 

生の野菜は細菌感染のリスクがあるため、洗浄が欠かせません。しかし、忙しい毎日の中で少しでも手間を省きたいときに、家でもう一度カット野菜を水洗いするのは面倒ですよね。

そこでグリーンフィールドでは、パッケージを開けて、そのまま食べられるように、塩素系殺菌剤の次亜塩素酸ナトリウムではなく、水道水に食塩を加えて電気分解した後、炭酸ガスを加えた炭酸電解次亜水を使って洗浄しています。

この電解水は、次亜塩素酸ナトリウムと同レベルの殺菌効果があり、無味無臭なうえ、すすぎの必要がありません。

電解水洗浄2.JPG

 また、「カットした野菜を洗浄したら、栄養素が流れ出てしまうのでは?」と思っていらっしゃる方も多いと思いますが、茨城工業技術センター研究報告(第24号)によれば、カットしただけの無処理キャベツと、次亜塩素酸ナトリウム水溶液に浸けて殺菌処理(カット→水洗い1分→脱水→次亜塩素酸ナトリウム水溶液浸漬→水洗い1分→脱水)を行ったキャベツを比較した結果、30分漬けた場合でもビタミンCの減少は約30%で、約7割は残ることが分かりました。

 「野菜不足なのは分かっているけど、料理をするのは面倒」というときは、ぜひ安心してグリーンフィールドのカット野菜をご活用くださいね。

電解水洗浄1.JPG

 

次週は、カット野菜を使って手軽に作れる料理をご紹介する「簡単!おいしい!カット野菜でパパっと一品~野菜たっぷりタンメン~」をお伝えします。お楽しみに!

 

ページのトップへ