新鮮で、安心・安全なカット野菜を食卓へお届けしたい。それが【グリーンフィールド】の願いです。

農業法人有限会社グリーンフィールド

お気軽にお問い合わせください。098−866−9009

新着情報

お知らせ一覧

2019年6月 6日

「週刊GREEN Vol.29 ~グリーンフィールド便り~」

こんにちは、農業法人(有)グリーンフィールドです。
私たちがご提供しているカット野菜やサラダなどの商品のうち、レタス各種、ゴーヤー、葉ねぎ、チンゲン菜、からし菜、小松菜などは、沖縄本島南部の南城市にある、兄弟会社の農業生産法人(有)沖縄ファームの畑で生産されています。今回は、旬の名残りを迎えているキャベツについてご紹介します。

 

「グリーンフィールド便り~沖縄ファームのキャベツ~」

 11月から6月にかけて、沖縄ファームで栽培されているキャベツ。その畑には、たくさんのモンシロチョウがひらひらと舞っています。畑で収穫を待つキャベツの外側の葉は、モンシロチョウの幼虫が食べた跡で穴だらけに。しかし、このたくさんのモンシロチョウや食べ跡こそが、安全の証しなのです。農薬の使用を最小限に抑えて栽培しているため、モンシロチョウが安心して寄ってくるんですね。畑で収穫する際には、虫食いのある外葉をはがし、幼虫や卵が付いていないか、一つずつ確認したうえで、出荷していますので、どうかご安心くださいませ。

キャベツ畑1.JPG

 こうして畑を出発したキャベツは、すぐにグリーンフィールドの工場へ。国際水準の徹底した衛生管理を誇る加工場で、さらに外葉をはがし、電解水で丁寧に洗われ、傷などがあれば切り落とし、用途に応じた大きさにカットされ、生のまま召し上がっていただく千切りなどのキャベツは再び電解水で洗い、脱水機で水分を飛ばし、カット野菜「簡単菜食」やサラダなどの商品になります。ちなみに、グリーンフィールドで使用している電解水は、炭酸水に食塩を加えて電気分解したもので、殺菌力にすぐれる一方、無味無臭、身体には無害なため、カット野菜「簡単菜食」は再度の水洗いが不要で、そのままお召し上がりいただけます。手間を省いて、野菜を手軽に、おいしく、たっぷりと。それが私たちグリーンフィールドの願いです。

 

それでは次週も、お楽しみに~★

ページのトップへ